top of page

プロダクト

会社情報

会社概要

ニュース

価格

サポート

​お問い合わせ

ScalarDBをオープンソースソフトウェアとして公開

更新日:2023年8月14日

株式会社Scalar (本社:東京都中央区、代表取締役社長:村越高王、以下Scalar社) は、10月10日付で分散台帳ソフトウェアであるScalarDLTの構成要素である分散データベースソフトウェアScalarDBをオープンソースソフトウェアとして公開しました。


ScalarDBは分散ストレージの抽象化層と当該ストレージに対する分散トランザクション機構からなるJavaライブラリです。 ScalarDBを介してCassandraを始めとするACID準拠でない分散データベースを操作することにより、ACIDなトランザクションの実行を可能とします。


ScalarDBはApache License 2.0のもとで公開されます。詳細については下記リンクをご参照ください。


※License形態を変更しましたのでご注意ください。 新 Apache License 2.0 旧 Affero General Public License (AGPL)

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ScalarDBに関する論文がデータ工学分野最高峰の論文誌PVLDBに採録。2022年のScalarDLに関する論文に続き、二年連続のPVLDBへの採録を達成

株式会社Scalar(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO兼COO:深津航、代表取締役CEO兼CTO:山田浩之)が開発・販売しているデータベースミドルウェア製品の一つであるScalarDBの内部動作に関する論文「ScalarDB: Universal Transaction Manager for Polystores」がデータ工学分野の論文誌であるPVLDB (Proceedings of th

Scalarが「ScalarDB 3.8」をリリース。複数のマイクロサービスを跨るトランザクションの管理を容易にするScalarDB Cluster機構を提供開始

汎用的なトランザクションマネージャである「ScalarDB」の新バージョン3.8をリリース 株式会社Scalar(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO兼COO:深津航、代表取締役CEO兼CTO:山田浩之 、以下Scalar)は、汎用的なトランザクションマネージャである「ScalarDB」における新しいバージョン3.8をリリースしました。 「ScalarDB 3.8」は、複数のマイクロサービスを跨る

ScalarDB、GraphQLインターフェースをサポートしたバージョン3.5をリリース

株式会社Scalar(本社:東京都新宿区、代表取締役CEO兼COO:深津航、代表取締役CEO兼 CTO:山田浩之)は、汎用的なトランザクションマネージャであるScalarDBにおける新しいバージョン3.5をリリースしました。 ScalarDB 3.5は、これまでのCRUDインターフェースに加え、新たにGraphQLインターフェースによる宣言的な問合せを可能とします。また、下位のデータベースとして、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page